読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

いつまでも夫に女として見られるための6つの習慣

結婚して4年もたつと、『好きな人』から『大切な家族』、『恋愛』から『家族愛』が強くなってきます。恋愛感情は3年で消える説もありますし、一緒に住んでいればお互いの嫌なところや、だらしないところも見えてくるのは当たりまえ。

それも含めて好きでいてもらうには、尽くしてあげることだったり、人間性を磨いたり努力が必要です。その中でも、妻として夫のために必要な努力って『女でいること』だと思います。

夫が妻を見て「素敵な女性だな」と思うようになったら、優しくしてもらえるだろうし、仕事の励みにもなるはず。

今日は、わたしが夫のためにしている、ちょっとした習慣を紹介します。

 

1.朝起きたらすぐに着替える。

ずっとパジャマでいるのは気を抜きすぎ。起きたらすぐに着替えるようにしています。部屋着ではなく、そのまま近所に買い物に行けるぐらいの服装に着替えます。気持ちがシャキッとします。

2.家にいるときもメイクをする

専業主婦になってずっと家にいると、すっぴんのままでもいいような気もしますが、いつでも外出できるように朝メイクをします。ばっちりメイクでなくていいです。わたしは5分程度でできるナチュラルメイクにしています。髪の毛もせめてブラッシングを。

3.外出するときはオシャレをする

夫と出かけるときは、昔デートしていたころのように少し張り切ってオシャレをします。偶然、夫の知り合いにバッタリってことになったときに、夫が堂々と私を紹介できるように。

4.香水をつける

男の人って女性にはいい香りでいてほしいという願望があるみたいです。わたしは爽やかなフローラル系の香りが好き。香水を選ぶときは夫にも意見を聞いています。

5.美容院はマメに行く

髪の毛は自分が思っている以上に傷んでいます。カラーも1~2か月で色が落ちてムラができます。毛先も傷みます。トップが伸びて重心がずれています。

わたしは1か月半ペースで美容院に行き、カット・カラー・トリートメントをしてもらっています。といっても、トータル5000円程度の激安サロン。半年に一度高いサロンに行くよりも、1か月に一度安いサロンにいったほうが美しさを保てるような気がしています。

6.すっぴんのときは色付きリップを

昔から唇の色が悪く、口紅を塗っていないと体調の悪い人に見えます。メイクを落としてすっぴんになったときに、顔色の悪い妻でいるのはどうしたものかと思い、色付きリップを塗るようになりました。ほのかに赤くなって、顔色が一気によくなります。絶対おすすめです!

 

自分自身も楽しんで

自分が綺麗になって一番喜ぶのは自分自身だったりします。自分を大切にしていると感じることができる。夫のことは二の次でいいです(笑)自分が楽しんでいることが、夫を喜ばせる一番の手段って思います。完璧でいるのはしんどいので、自分が楽しめる程度に努力していきたいです。