読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

貧乏性から脱出するための買い物のコツ

お金

貯金ゼロからスタートし、1年かけてなんとか100万円貯めることができた私たち夫婦。ところが、100万円貯まってからは、そこからの貯金のペースは下がっていきました。100万円あるし安心だー♪と思うと財布の紐が緩みます。いい服も着たい、おいしいものを食べに行きたい。すっかり安心してお金の管理をサボってしまいました。


買い物下手の貧乏性

ちゃんと貯金しなくては!と焦りましたが、頑張って節約しようとすると、ストレスが溜まってしまいます。ケチ臭い自分に嫌気がさしてしまったり、余計なものを買って罪悪感に陥ってしまったり。節約以前に、わたしのお金の使い方にも問題があるのでは?と思うようになりました。

わたしは貧乏性で安さで物を選ぶところがあります。いかに安いもので高く見せるか、というところに喜びを感じていました。

でも価格重視で手に入れたものって、気に入らないところが目について、しばらくするといらなくなるんですよね。「なんでこれ買ったんだろう、、」そしてまた新しいものを探すという悪循環。たいしたものを持っていないのにお金はどんどん減っていく。

 

本当に気に入ったものだけ買う

こんな貧乏性から抜け出したくて、買い物のときに真剣に考えるようになりました。本当にこれがほしいのか。妥協していないか。どれだけ時間と労力をかけてもいいので、本当に気に入ったものだけ買う。これを1年ぐらい続けると、買い物のコツが分かってきました。

 

予算は2段階決める

予算は2段階決めるようにしました。

例えばニットを買うときに、第一予算を5000円と決めます。5000円以下のニットを探し回りますが、気に入るものが見つかりませんでした。ところが8000円でドンピシャのニットが見つかったとします。そんなときは8000円のニットを買っちゃいます。でも1万円超えるニットだったら買うのを諦めます。つまり、第二予算は1万円ということです。

もし第一予算でいいものが見つかればラッキー。どうしても見つからないときは第二予算まで広げ、それでも見つからないときは、その日は何も買いません。少しでも気に入らないところがあるのに安いからといって購入してしまったら、その金額分損をしたことになります。

 

お店に行く前にネットで調べる

買い物を真剣にするようになってから、買い物に時間がかかるようになりました。いくつもお店を回っていると疲れてくるんですよね。判断能力やセンスが鈍ってしまいます。なのでできるだけ労力をかけないように、事前にネットで調べられるものは調べておきます。

服の場合はZOZOTOWNや、お気に入りのショップのサイトをチェック。インテリアグッズの場合は、無印良品、ニトリ、ZARA HOME、Francfrancなどのサイトをチェックします。サイトの中から気になる商品を中心にお店を回るようにすれば、だいぶ楽になるのでお勧めです。

 

妥協しなくなったら生活が楽しくなった

値段重視の買い物を止めたら、生活が変わってきました。安くて妥協したものをたくさん持つより、本当に気に入ったものを一つ持っていたほうが心が満たされます。さらに物を大切にできるようになりました。

夫の物に関しても、以前は安いものばかり勧めていましたが、ちゃんとしたものを買って楽しく過ごしてほしいと思えるようになりました。いいものを買ってあげると、自分が大切にされていると感じるみたいです。

心が満たされると、余計なものを買わなくて済むので、出費が減り、自然にお金が貯まります。この調子で貧乏性から脱出していきたいと思います。