読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

夫に何を食べたいか聞かないほうがいい

毎日の献立を考えるのはけっこう手間がかかりますよね。献立が決まっていたらどれだけ楽なんだろう。

 

「何でもいい」が一番困る

我が家は料理は100%私の役目。平日は一人でスーパーに買い物に行くので、わたしが勝手に献立を考えます。「今日は何にしよう、、、」と頭をフル回転。

休日は夫と買い物に行くのですが、ついつい「何食べたい?」と聞いてしまいます。夫に決めてもらったほうが楽だから。ところが夫は「う~~~~ん」と考え込み、結局「なんでもいいよ」と言います。「なんでもいい」って一番困る回答。稀に「鍋が食べたい」「サラダをたくさん食べたい」と言ってくれることもありますが。

 

WHATよりWHICHで質問

夫は食べ物に関しては全くこだわりがない人です。おいしいお店とかも全然知らない。頭の中に献立が一切出てこないみたいです。聞いても無駄ということが分かってきたので、WHAT(何?)で聞くのは止めました。代わりにWHICH(どっち?)で聞くようにしています。例えば、「お肉orお魚」「和食or洋食or中華」「がっつりorあっさり」の選択肢を与えると、すぐに答えてくれます。そこから献立を考えれば、だいぶ楽になりました。

 また、外食するときも同じようにWHICHで聞くとスムーズにお店が決まります。

WHATだとなぜ全く答えられないのだろう。不思議です。もしかすると夫は選ぶのは得意だけど、一から生み出すのは苦手なのかもしれないです。スーパーで野菜売り場やお肉売り場に行っても無関心ですが、お総菜売り場に行くと速攻決まります(笑)

それにプライベートのときに頭を使いたくないというのもあるのかもしれません。わたしだって休日に献立に悩むのは嫌です。お互いのストレスを減らすためには、ちょっとした工夫が大切なんだなと感じました。