読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

夫の出張中に気付いたこと

コミュニケーション

 先日、夫が2泊3日の出張で家にいませんでした。出張はときどきありますが、ほとんど日帰りばかりで、2泊以上の出張は珍しいです。久しぶりに3日間わたし一人で過ごすことになり、改めて気付いたことがあります。

 

料理が適当になる

 料理はわたしが担当なのですが、夫の分を作るとなると、栄養バランスのことやお腹いっぱいになってもらえるよう考えて作っています。夕食はほぼ毎日、主食、汁物、メイン、副菜2品を出すようにしています。

 でもわたし一人だと何も考えなくていい。冷蔵庫にある残り物など適当に済ませてしまいます。ご飯、納豆、インスタント味噌汁だけでいい。料理って食べてくれる人がいるから頑張れるんだなぁとしみじみ思いました。

 

マイペースに自由でいられる

 最近は3連休とかになると、夫といる時間が長すぎてイライラすることが多いです。一人の時間が欲しくなります。

 当たりまえのことですが、一人だと食事の時間、お風呂に入る時間、寝る時間も自由。ソファやベッド、テレビも独り占めできる。喧嘩になることもないし、イライラする相手もいない。一人暮らしってこんなんだったなーと懐かしく思いました。

 

優しくなれる

 出張1日目は上記のようにのびのびと楽しく満喫していました。ところが2日目からちょっと寂しくなってきました。テレビを観ていても一緒に笑える人がいないし、部屋がいつもより広く感じて心細く感じてきました。

 すると夫からLINEで優しいメッセージが。まるで結婚前、遠距離恋愛の頃のようなお互いを思いやるやり取りでした。

 「会えない時間が愛を育てる」というのは恋愛のときだけではなく、夫婦になってからも効果があるんですね。そう考えると、結婚してもときどき会えない時間があったほうがいいのかも、と思いました。休みの日は基本2人行動になっているので(夫がそういうタイプ)、ときには別行動できるよう予定を入れようと思います。