夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

賃貸派30代主婦が考える老後の住まい計画

 前回の記事で、「家の購入を諦めた」というお話をしました。 

とは言っても、一生賃貸に住み続けるわけではありません。老後の年金暮らしで、家賃の支払いにヒーヒー言う老後は送りたくないです。それに、高齢者になると部屋を貸してくれるところが少ないと聞いたことがあります。

 

なので、50代後半頃に中古マンションを購入する計画です。

今30代前半なので、約25年後の話です。その頃には転勤の対象から外れているだろうし、子供が独立している頃かと。

 

理想の条件は、

・築20年~30年ぐらい。

・おそらくその頃は2人暮らしだと思うので1LDK~2LDK

・1千万円ぐらいでキャッシュで購入し、200万~300万円でリフォーム。

 

こんな条件の物件があるのか、という不安もありますが、未来の自分たちが全国のどの辺りに住んでいて、どこで一生を遂げたいと思うのか予測できないので、細かく決めていません。

もしかすると、海外に移住するかもしれないし、自分のお店とか出してるかもしれない。大富豪になっているかも(ポジティブ)。

こうやって自由に未来を想像できるのは、今賃貸に住んでいるからできることなんだなーと改めて思いました。身軽って素晴らしい。

 

とりあえず25年後に、キャッシュで家を購入できるように1500万円を貯める計画です。果たして上手くいくのやら。

 

貯蓄計画についてはまた今度書こうと思います。