夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

夫の家事への関わり方は父親の影響が大きい

 

既婚女性の中で話題になることが多い『家事問題』。

「夫が家事を手伝ってくれない」という不満を爆発させている女性は多いと思います。わたしも共働きのときは特に、家事分担のことで夫にイライラすることが多かったです。

 先日、義実家に帰省したときに気付いたのは、夫の家事への関わり方というのは、父親の家事への関わり方に影響されているのではないかということ。

 

家事に協力的な義父

私の義父は、その世代では珍しく家事に協力的です。

夫が小さい頃、お義父さんは仕事が忙しくあまり手伝うことができなかったらしいのですが、子育てが一段落してお義母さんが働くようになってからは普通に家事をしているようです。

たとえば、皿洗いと洗濯物干し。義実家で初めて見たときはびっくりしました。わたしの父親は絶対しなかったから。でもお義父さんは、誰かに指示されるわけでもなく、当たり前のように自然に家事をやっているのです。

最近聞いた話で驚いたのは、キッチンの水切りカゴに置いてある食器を見ると、気になって食器棚に片づけるのが癖らしいです。ちなみにお義母さんもマメな人で綺麗好きなほうです。

 

お義父さんの影響か、夫もよく皿洗いをしてくれます(たまにサボることもありますが)。

落ちているものは拾うし、出したものは片づける。わたしが掃除機をかけていると、「代わろうか?」と声をかけてくれます。家事をお願いしたら、最初は嫌そうですがやってくれます。

全てとは言いませんが、父親の影響って少なからずとも影響している気がします。

 

家事を全くしない実父

悪い例としては、わたしの父です。完全に亭主関白で、家事をやっている姿をほとんど見たことがありません。ちなみに母はパートをしています。

ただ、自分の来客があって、かつ母が外出しているときは、自分で掃除機をかけたり、玄関の掃除ぐらいはしてくれることもあります。

でも料理、皿洗い、洗濯などは全くやりません。ようやく最近、ゴミ捨てをしてくれるようになったと母から聞いて奇跡だと思いました(母が早朝の仕事のため)。

家事をしない父の影響を受けてか、わたしの兄もまったく家事ができません。できてもしない。お嫁さんはきっと苦労していると思います。専業主婦であればまだしも、共働きでお嫁さんにすべての家事を託すのは、女の負担が大きすぎます。お金を稼いでいる分、役割は分担するべきです。

もし父が家事を手伝う人だったら、兄も手伝っていたのだろうか、と思ったりします。

 

共働き世代は手探りでやっていくしかない

父親が家事を一切しない姿を見て育てば、自然とその息子もそうなる。男からすると、家事をしないのは悪気があるわけではなく、そういう家庭で育ったから「当たり前」だと思っているのかも。いまどき共働きが主流になってきているのだから、いつまでもその価値観に甘えるのは、やめてほしいものです。

しかし、多くの日本人が、昔から「家事は女性の仕事」という価値観の中で育ってきているので、なかなかそれを取っ払うのは難しいこと。他の先進国では男性はもっと家事に協力的、という話を聞くと、うらやましい限りです。でもそれは、女性の社会進出が日本よりずっと早かったことや、プライベートを大切にする文化で残業や飲み会が少ない、などの理由もあると思います。

 

今の日本は、専業主婦世代から共働き世代へのシフト期間と受け止めて、手探りでやっていくしかないのかなーと思います。

夫が少しずつ家事を習慣にできるように、嫁として何ができるか、知恵を絞りだしてやっていくしかありません。

諦めが大事なときもありますが、最初から諦めるのはもったいない。

わたしは、そういう研究が大好きなので、がんばってみようと思います。