読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

「読書しない人」=「向上心のない人」ではない

コミュニケーション

 Book

夫にたいして、「もっとこうすればいいのにな~」って思うことの一つに、「読書すればいいのに」があります。

 

夫はほとんど読書をしません。

おそらくここ1年は本を読んでいないと思います。

理由は「本を読むのが嫌いだから」らしいです。面倒臭いのでしょうね。勉強も嫌いな人です。

 

わたしは逆に本が好きです。本を読むと新しい発見があって勉強になるし楽しい。最低でも月に1冊は読んでいます。

 

わたしにとって夫は「仕事のできる人」です。だから読書したらもっとできるようになるんじゃないか、と勝手に期待してしまいます。もっと向上心を持ってほしいのです。

一時期、本屋に一緒に行ったり、わたしのオススメの本を貸したりしましたが、本を読むことはなく、雑誌ばかり読んでいました。わたしが勧めるから反発心があるのかな?とも思ったりしました。

 

そんな夫が珍しく本を買って読むことがありました。

一度目は、仕事が上手くいかなかったとき。

二度目は、はじめて部下ができたとき。

彼ははっきりした目的や悩みがないと本を読まないということが分かりました。そんな彼に無理やり読書を押し付けても、余計に本嫌いになるだけだなと。

 

わたしは心のどこかで「読書しない人」=「向上心のない人」というイメージがあったのだと思います。エリートに共通するのは読書していること、みたいな情報が溢れているから、そのまま鵜呑みにして夫に押し付けていました。

 

彼は本を読まないですが、スマホアプリで情報収集をしているし、仕事に関することは知識があります。彼なりに勉強しているんだと思います。それでちゃんと仕事できていて、周りに認められているんだから、わたしがとやかく言う必要はないです。

 

最近は、本を勧めることはせずに、夫にとって有力そうな情報だけそっと教えるようにしています。本気で興味があったら、わたしの知らないところで立ち読みするでしょう。おせっかいが押し付けにならないように気を付けていきたいと思います。