読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夫婦仲向上委員会

いつまでも仲のいい夫婦でいるためのブログです。

夫との生活スタイルの違い

ライフスタイル コミュニケーション

 

夫と暮らして、戸惑ったのは生活スタイルの違いです。

 

例えば、夕食の時間。

 

わたしの実家では、ご飯をよそったりお箸を並べるのは、自分の分は自分でやっていました。だから兄妹の分もやってあげることはほとんどなく、いわゆる「セルフサービス」です。

きっと大家族だったことと、ご飯を食べるタイミングがバラバラだったことが影響していると思います。

 

ところが、夫の実家では、基本はできる人がみんなの分もついでにやってあげるスタイル。お箸を取りにいくなら、他の人の分も。実際はこういう家庭が多いのかもしれません。

 

このようなスタイルの違いから、夫とわたしはときどき小さなことで揉めます。

わたしが自分の分のお箸だけ出したら、「俺の分は?」と嫌な顔をされます。

最初は「この人、亭主関白タイプ?!」とびっくりしましたが、夫が自分のお箸を出すときに私の分も出してくれたので、亭主関白とかそういうことではないと分かりました。

セルフサービスの実家で育ったわたしにとっては目から鱗でした。

 

気を付けて夫の分も準備するようにしていますが、ときどき忘れてしまうこともあります。そのときは、悪気があるわけではないことを伝えます。また、実家ではセルフだったことも伝えてあります。

 

おかしい思ったことは、たいていは価値観の違いから。価値観の違いは家庭環境が影響していることが多いです。

イライラせず、いつもどのようにしていたのか聞いて知ることが大切だと思います。

また、なるべくお互いの実家に帰るようにして、どんな生活スタイルなのか肌で感じるとさらに理解が深まります。

最初の方は、育ちの違いにイライラすることが多かったですが、4年もたてば、そういうものなんだと慣れてきました。

相手がおかしい!と決めつけず、おもいやって夫婦仲良くしていきたいですね。